Pocket

今回はシャンプーについて紹介させて頂きたいと思います!
皆さん毎日、何気なくシャンプーをしている方が多いと思いますがシャンプーにもちゃんとした目的があるのです。
image

[シャンプーの目的とは?]

まずシャンプーの第一の目的は、毛髪や頭皮の汚れを取ることです。この汚れは大きく分けて2種類あります。
まずは1つ目
・外因性の汚れ - ほこり、たばこの煙、排気ガス
ヘアスタイリング剤など


次に2つ目
・内因性の汚れ - 汗、皮脂、フケなど

髪の毛はこのような2種類の要因で汚れているのです。

[シャンプーの中に入っている成分とは?]

先ほどの2種類の汚れは、油の性質(水に馴染みにくい性質)を持つものが多く、お湯で洗うだけではなかなか落ちません。そこで洗浄成分として界面活性剤を使うことになります。その他にもたくさんシャンプーには成分が含まれています。

❮成分❯ ❮目的❯
界面活性剤 - 洗浄作用、汚れを落とす

コンディショニング成分 - きしみをなくす
毛髪を保護する

増粘剤 - 剤に粘度を出す

毛髪保護剤、湿潤剤 - 毛髪保護、補修

香料、その他 - 商品の特徴づけ、安定化

防腐剤 - 商品の安定化、腐敗防止

これだけの成分がシャンプーには含まれています。
洗浄成分だけでは毛髪がパサパサになってしまうので、コンディショニング成分も含まれています。
このコンディショニング成分は洗浄中やすすぎ時、洗浄成分と結合することで、水分を多量に含んだクッションのようになり、指や髪の毛同士の摩擦から保護してくれます。

このように、シャンプーにはいろんな目的があり
いろんな効果があるのです!

シャンプーの効果を知ることでシャワータイムをエンジョイしましょう。

美容室の空室状況・予約する