こんにちは、

京都北山のサロンの永田です。ギトギトした梅雨ももうすぐ終わり、本格的な夏がこれからやってきますね!

男性の方にこれからおススメというよりも気をつけて頂きたいのが「薄毛対策」です。

夏の油汗で頭皮の環境が悪くなり、抜け毛が増えやすくなります。

そのまま放置しておくと、薄毛の進行を促進させどんどん悪化していきます。

ではどうすれば、防ぐ事ができるでしょうか?

ご自宅で出来る方法から専門知識を簡単な内容ですがお伝えできればなと思います。

 

1、薄毛予防はシャンプーから

2、育毛トニックって?

3、改善策はあるの?

 

1、薄毛予防はシャンプーから

 

ところでみなさんはシャンプーをきっちりやっていますか?

シャンプーなんて、適当に洗えばいいじゃないか!

自分のさじ加減だろ!と思う方も少なくないはずです。以前は僕もそう思っていました。

でもそれは大きな大きな勘違いです。

シャンプーは洗浄力によって違うのですが、しっとりするシャンプー、ハリコシがでるシャンプー

など種類が様々です。自分とどのようなシャンプーが合うかどうか確かめる必要があります

例えば、薄毛を気にされているならしっとりとしたシャンプーはダメですよね?

その程度の解釈で大丈夫です。基本的に薄毛の方はハリコシを与える、スカルプシャンプーつまりは

頭皮ケアシャンプーがおススメです。

 

2、育毛トニックって?

シャンプーをいいのを使っても、遺伝やホルモンバランスにはいくらなんでも勝つ事はできません。

そこで登場するのが育毛トニックです。昔は薄毛の進行があってから育毛剤をつける方が多かったですが、今はまだフサフサのかたでもつけられる方が多いです。

理由は若い方でも薄毛が増えてきたのと育毛トニックのバリエーションが増えたからです。

僕のおススメ育毛トニックは

アデノバイタル


→エイジングを改善して、エイジングを予防しそして髪を太く髪を黒くする優れものです。

使用方法はシャンプー後の濡れた髪に気になる薄毛箇所に2プッシュしてから乾かすとよいです。

 

クリムビータ

→こちらは本来化粧水ですがスプレイヤーに水を半分くらい入れて薄めてもらいます。

気になる箇所にプッシュしてください!


 

3、改善策はあるの?

改善策は、当たり前の事ですが生活習慣が深く関わってきます。

暴飲暴食、睡眠不足、喫煙、コレステロールのとりすぎ、運動不足など様々です。

いきなり変えろといわれるのも無理があると思うので少しずつ変えていく必要があります。今日は糖質を抜こうとか、タバコを少しやめてみようなど少しの変化が習慣となり続けると風土となります。

特に脂っこい食べ物、ラーメンや、喫煙は薄毛をどんどん促進させていきます。

頭皮が後退していき、根元が油っぽくなり毛が細くなり抜けていきます。気をつけましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

薄毛は発見が早ければ早いほど、治る確率が高いといわれています。昔は病院でしか扱われていなかった育毛トニックが今や店頭だけでなく、ネットでも簡単に手に入ります。しかし育毛トニックをやみくもに塗っていれば問題が解決できるわけではありません。日々の生活習慣、食事、運動など当たり前の事が重要となってきますので誤解のないようお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
nagata

nagata

ピースハウスに入るピースサロンでスタイリストとして働いています。 接客と人を楽しませることが大好きです! 趣味は映画鑑賞、スケートボード、サーフィンです。
nagata

最新記事 by nagata (全て見る)