こんにちは!ピースサロンの永田です。
読んでいただいてる方に質問です。
「パーマはすぐ落ちますか?」
おそらく多くの方が「はい、あまり持たないんですよ!」とおっしゃいます。
これは日々サロンワークをしていてもよく聞く声です。
ではパーマを長持ちさせるためにはシンプルにどのような施術をしてもらい、
どのような伝え方を美容師にして、どのようなケアを行なっていけば良いのでしょうか?

今回は誰でもパーマを長持ちさせる方法を伝授します。

 

 

1、 パーマのオーダー方法
2、 パーマの施術
3、 パーマのケア


 

 

1、パーマのオーダー方法

パーマは一般的に、ヘアスタイルに動きをつけたい時やデザインをつけたい時、ボリュームをつけたい時など様々です。自分がやりたいスタイルを美容師さんに伝える時にそれに加えて「今までパーマが落ちやすい」、「セットのやり方が分からない」など今までパーマをあてて困った内容をなるべく細かくご説明頂いたら助かります。これをおっしゃって頂けるかどうかで薬剤の選び方やカールのつけ方が変わります。そしてパーマの当て方の種類も変わります。
種類は主に3つです。

コールドパーマ         クリープパーマ       デジタルパーマ

 

左からプライスが安い順で右にいくほどパーマのもちが良くなります。
パーマはご自身が不安な点とやりたいスタイルを美容師に伝えじっくりと入念にカウンセリングすることをオススメします。

2、パーマの施術

パーマの工程はまずロッドを巻いてから液をつけて、放置した後に水洗しもう一度液をつけます。これが一番シンプルな工程で値段が高く、もちがいいパーマになるほど工程が多くなります。

下の写真が施術前です。


 

こちらがロッドを巻いてから放置している状態です。


 

 

仕上がりがこちらです。


 

 

 

3、 パーマのケア
では本題です。パーマをセルフケアでどのようにもち良くすれば良いか?

  • 24時間以内にシャンプーは禁止
    →本当は48時間以内なのですが、気持ち悪い方もおられるので24時間以内はシャンプーは基本的に禁止です。理由は2つあって1つは、施術後もパーマの薬剤は機能していて髪の中で浸透している最中だからです。2つ目はシャンプーの中に入ってるアルコール成分がパーマの薬液を除去してしまうからです。なので絶対にシャンプーはやめておきましょう。
 
  • このシャンプーには気をつけろ!!
    →シャンプーにはアルコール成分があります。その中でも高級アルコールシャンプーというものがありそのシャンプーは石油と硫黄が入っているため髪に必要な成分、タンパク質、油を根こそぎとってしまいます。もちろんパーマの成分もとれてしまうのでこのシャンプーには要注意です。しかしながらシャンプーの裏の成分表に高級アルコールとは記載されていませんのでこの名前に注目して下さい。
ラウレス硫酸ナトリウム         ラウレル硫酸ナトリウム

この2つが高級アルコールシャンプーなので気をつけて下さい!
  • トリートメントは徹底してやりましょう
→トリートメントをするとパーマやカラーをした髪や紫外線を浴びた髪にタンパク質や油を補い髪のモチモチさや弾力具合が上がります。髪の表面にタイツを履かせるイメージなので外部からの痛みの原因となるものを阻止してくれます。

以上、これらがパーマを保ってもらうために守ってもらうことです。
少しでもいいスタイルを残してもらうために必須条件だと思いますのでぜひともご参考にして下さい!

 

The following two tabs change content below.
nagata

nagata

ピースハウスに入るピースサロンでスタイリストとして働いています。 接客と人を楽しませることが大好きです! 趣味は映画鑑賞、スケートボード、サーフィンです。
nagata

最新記事 by nagata (全て見る)