Pocket

どうもこんにちは。ピースサロンの永田と申します。

最初にみなさん、髪がエイジングするつまり髪が年をとっていくとはどういう症状が起きるかご存知でしょうか?

男性の場合、額の生え際や頭のてっぺん(頭頂部)の髪が薄くなり髪のハリやコシがなくなっていきます。この状態を医学的にAGA「男性型脱毛症」といい主に20代後半から早い方で10代後半から発症すると言われています。因みに僕自身現在20代後半ですが、額の生え際かなり薄くなっています。友人のY君は10代からてっぺんと生え際ダブルで薄くなっています。友人M君はこの間銭湯に行ったのですが彼がシャワーで髪を濡らすと頭の地肌がかなり目立っていました。彼はハゲてきた、どうしよう、、と嘆いており僕はその表情を一向に忘れることができません。

みんな同じ年齢です。そしてみんな30、40代を迎えるときどうなっているか心配です。だからここで何としてでも食い止めたい。そんな思いから「薄毛の防止策」について今日はお話させて頂こうと思います。

l 原因

抜け毛が多くなり、髪にハリとコシがなくなるこの薄毛の症状の原因はそもそもなんなのか。

一つ目はおじいさんやお父さんから受け継いだDNAによる遺伝。

二つ目は男性ホルモンの影響。男性ホルモンが活発になると症状が表れやすいです。

三つ目は喫煙、飲酒、不規則な生活による生活習慣の悪化による影響

四つ目はプライベート、仕事によるストレスによる影響

一つ目と二つ目は何の手の加えようのない悲しい事実です。しかし三つ目、四ツ目はご自身の習慣の改善でもちろんまぬがれることが出来ます。

l スキャルプケア

原因は分りましたが、習慣の改善をすることはホントに大変なことです。

これに加えてもう一つの改善方法はスキャルプケアです。スキャルプケアとは地肌のかゆみやふけ臭いなどをケアするだけでなく頭皮の毛穴に詰まった脂をとったり逆に乾燥しすぎた皮膚から脂を洗い流しすぎないようにすることで抜け毛を防ぎ健康な髪を育てることにも繋がります。頭皮に脂が多すぎると呼吸ができなくなり、脂が少なすぎると荒れてしまいます。どちらにしても十分な栄養を髪に行き届かせるのは困難です。では健康な髪を育て、髪に十分な栄養を与える手立てはシャンプーの正しい選び方です。

l 正しいシャンプーの選び方

薬局に行って、手に取るシャンプーは何ですか。

値段、新商品、香り、泡立ちがいいのか、など皆様選び方は様々だと思います。

頭皮ケアにおいて選んではいけないシャンプーは成分表に「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」と記載された高級アルコール系シャンプーです。市販のものに多く洗浄力は良いのですが、髪に必要な脂も全てとってしまいます。

スカルプシャンプー(頭皮シャンプー)は、頭皮の皮脂を取りすぎないことを考えて作られているので、
アミノ酸シャンプーという種類である場合が圧倒的に多いです。

アミノ酸シャンプーのメリットとして考えられているのが、洗浄力がやさしく低刺激いう点です。
洗浄力がやさしい分、皮脂も、余分に洗い落さないようになっているのが特徴です。
ですから、頭皮を健康な状態を保ち、
なおかつ外部からの刺激を守ることができる適度な皮脂を残すことができるので、
発毛の環境が整いやすい傾向があります。

また髪の毛そのものがアミノ酸からできていますから、
アミノ酸系のシャンプーを使うことによって、
いたんだ髪の毛の修復も期待することができます。

 

以上が薄毛にまつわる防止策の提案です。是非ご参考下さい!!

美容室の空室状況・予約する
The following two tabs change content below.
nagata

nagata

ピースハウスに入るピースサロンでスタイリストとして働いています。 接客と人を楽しませることが大好きです! 趣味は映画鑑賞、スケートボード、サーフィンです。
nagata

最新記事 by nagata (全て見る)