Pocket

意外と失敗しがちなパスタは、茹で方を工夫することでグッと美味しく仕上げられます。上手に茹でるにはどんなことに気をつけたらいいんでしょうか?そんなコツをまとめてご紹介します♪

おうちで美味しいパスタが食べたい!

img_2801
外食した時に食べる、コシのあるパスタやもちもち食感の生パスタってとっても美味しく感じますよね♪それをおうちでも食べられたら最高なのに、なぜかいつもうまくいかない!なんて困っていませんか?

実は基本を押さえてさえいれば、とっても美味しいパスタを茹でることができるんです☆いろいろな方法があるので、ご自分に合った方法を見つけてみましょう。

 

パスタの茹で方いろいろ!方法大公開!

 

パスタの茹で方は1つではありません。鍋を使用するものやフライパン、圧力鍋を使用するもの、そして便利グッズを利用して電子レンジで加熱する…などの現代ならではのものまで!

準備する食材はほとんど変わりませんが、手順に多少の違いが見られます。それではどんな違いがあるのか見ていきましょう☆

 

基本の茹で方(大きな鍋使用)

img_2802 まずは大きめの鍋でゆったり茹でる、基本的なパスタの茹で方です。たっぷりのお湯と塩で、きっちり基本をおさえた茹で方をするのでこの方法を理解していれば十分ですよ♪

【必要な食材】

スパゲティー 200g
水 2L以上
塩 大さじ1強

【手順】

1.大きめの鍋にお湯を沸騰させ塩を入れる。
2.パスタを放射線状に広げて入れて混ぜる。
3.火加減を調節し、茹で時間より少し前に食べてみて固さを確認する。

【ポイント】

・パスタの真ん中をひねって入れると放射線状に広がりやすいです。
・パスタ全体がお湯に浸かるまで菜箸で混ぜ入れるようにするとムラなく上手に茹でられます。

茹でるのは短時間だけな茹で方(圧力鍋使用)

img_2803 圧力鍋だと火をつけている時間がかなり短縮されるので、ガス代の節約になるんです!蒸らす時間でしっかり茹で上がるので、火を見ていたりかき混ぜる必要もなくなるので楽チンですね♩

【必要な食材】

スパゲティ 1袋
水 鍋7分目
塩 適量

【手順】

1.圧力鍋でお湯を沸騰させ、塩とパスタを入れる。
2.菜箸でパスタを混ぜたら火を止め、蓋をして茹で時間分蒸らす。

【ポイント】

・圧力鍋にパスタが入りきらないようなら半分に折って入れましょう。
・火を止める前にしっかりパスタを混ぜてくっつかないようにしておきます。
・水の量は通常よりも少なめでOKです。

パスタを折ってチンする茹で方(電子レンジ使用)

img_2804 電子レンジだと、鍋で蒸らすよりも加熱をさらに加える作業がしやすいので、食べてみて固いようなら数分プラスしてチンすればOKです。鍋だとまたお湯を温めて…というのがしにくいので、確実に自分好みの茹で具合にしたいならこちらの方法がおすすめですよ♪

くっつきやすい感じもあるかもしれませんが、茹でた後にオリーブオイルをかけてほぐすのでパスタの下ごしらえにもなって、ソースと混ぜるときに便利だったりします。試しに一度やってみたいですね!

【必要な食材】

パスタ 100g
水(できるだけ正確に)1と 1/2 カップ
オリーブオイル 小さじ1/2

【手順】

1.レンジに使える容器に水を入れて蓋をして加熱する。
2.沸騰したら半分に折ったパスタを十字に入れてさらに加熱する。
3.オリーブオイルをかけてほぐし蒸らす。

【ポイント】

・火加減を見なくてもいいので気楽に調理できます。
・食感を食べて確かめて、茹で加減が足りなければ少し加熱しましょう。
・加熱した時間の合計とワット数をチェックしておくと次からは自分好みに加熱しやすくなります。

 

ただ茹でるだけなのになかなか「うまくいった!」と思う食感にたどり着けないパスタ。茹で時間や水・塩などの量を守ることと、パスタの入れ方が重要ですね。

それから成功した方の裏技やコツを真似すれば、以外とあっさりうまく茹であげられます。今はとても便利なキッチングッズも販売されていて、節約できたり時短できたりしますのでいろいろ試してみてはいかがでしょうか?

美容室の空室状況・予約する
The following two tabs change content below.
sakata

sakata

PEACEcaféで料理を担当してます。 今までcaféやステーキハウスなどで調理経験を経て、野菜を中心に皆様に美味しく提供できるよう心がけております。 休日は運転が好きでアウトドア派なので、遠出をよくしています。体を動かすのも好きですが、今は釣りにハマっています。