Pocket

包丁の種類や材質には、様々な物があります。形も色々な物があります。
プロであれば別ですが、普通はそれほどの種類は必要ありません。
むしろ、うまい人は一つの包丁で色々なことをします

普通の家庭であれば、三徳包丁か、又は牛刀がまず必要でしょう。刃渡りは18センチ前後。
小柄な女性であれば、15センチ前後の方が使いやすいかも知れません。しかし、大きな物を切るには少しつらいかも知れません。

次にもし出来たら、刃渡り10センチ程度のぺティナイフがもう一本あれば、果物の皮むきなどに便利です。後述しますが、皮むきにはピラーのほうが適切かも知れません。

この一本か、二本か、三本、普通であれば、これで十分です。菜切り包丁や中華包丁などは普通は要りません。

包丁の材質

包丁の材質も様々です。

しかし、材質と言うのはそう反する要素の強い物です。硬くないと切れません。しかし、硬い材質は欠けやすく、柔らかな材質はすぐに切れなくなります。また、硬い材質は研ぎにくく、柔らかな材質は研ぎ易いですが、すぐにまた研がないといけません。
やはり、鋼(はがね)が最高の材質ですが、手入れが悪いと錆びます。

これは、好みとも言えますが、安い材質の物は使わないでください。切れない包丁ほど疲れやすく、危険なものはありません。料理もまずくなります。

家庭で使うのなら、プロが使うような包丁は薦めません。良い包丁と言うのは、プロが使う物と、家庭で使う物は別と言うことを覚えておいてください。

ただし、定期的に手入れが出来るのなら、ちゃんとした砥石で定期的に研いでくれる人がいるのなら、鋼(はがね)の和包丁の良い物を買ってください。これに勝る切れ味はありません。良い和包丁は包丁の重みで切れます。ですから疲れません。

しかし、家庭では普通はメンテナンスも最低限で済ませたいと思います。研ぎやすく、錆びない物が一番です。
ステンレスは錆びにくく良い材質ですが、柔らかくて包丁には向きません。鋼をステンレスで挟んだ、割り込みの包丁はまず選択肢になります。

次にステンレスにモリブデンを混ぜると堅さが出ます。バナジウムを混ぜると粘りが出ます。こういったステンレス(医療用のメスの材質)の包丁も良い選択です。

セラミックの包丁もあります。非常に硬い材質で錆びません。切れ味も良いです
ただし、基本的に家庭では研ぎにくいので使い捨てになりがちです。また折れやすく欠けやすいです。ただし、切れ味はかなり長続き(一、二年も)しますので、良い選択肢だと思います。セラミックの良いところは、金属臭が食べ物に移らないことです。

包丁の選択

基本的には日本のメーカーの包丁をお薦めします。
これは日本の刃物の技術は世界的であることと、やはり日本料理に合った形状や日本人の手になじむ、使いやすく疲れにくい物が多いからです。

普通に家庭で使うなら、値段的には五千円以上、一万円ぐらいで良いでしょう。千円以下でも包丁はありますが、やはり安い刃物はそれなりの物です。切れ味を比べてみればまるで別物です。
また、良い包丁は大事に使えば一生持ちます。

お勧め包丁例

もろろん、レストランなどでも使いますが、世界的に有名な日本のステンレス包丁は、グローバルです。

 
これは日本の刃物の技術は世界的であることと、やはり日本料理に合った形状や日本人の手になじむ、使いやすく疲れにくい物が多いからです。

普通に家庭で使うなら、値段的には五千円以上、一万円ぐらいで良いでしょう。千円以下でも包丁はありますが、やはり安い刃物はそれなりの物です。切れ味を比べてみればまるで別物です。
また、良い包丁は大事に使えば一生持ちます。
柄も本体と一体化したのはグローバルが世界で最初です。ですから、柄もステンレスで衛生的ですし、一体成形で柄が取れません。

私もグローバルを使用しております!

使い勝手が良くてオススメです。

選ぶポイントはたくさんあります。

自分にあった包丁をしっかり選びましょう!

美容室の空室状況・予約する
The following two tabs change content below.
sakata

sakata

PEACEcaféで料理を担当してます。 今までcaféやステーキハウスなどで調理経験を経て、野菜を中心に皆様に美味しく提供できるよう心がけております。 休日は運転が好きでアウトドア派なので、遠出をよくしています。体を動かすのも好きですが、今は釣りにハマっています。